fc2ブログ

記事一覧

語りかけをつくるのは「私」



この間、先生から、とても大事なことを教わりました。

それは、語りかけをつくるのは「私」である、ということです。文章に書き出すのも「私」だし、それをパターンに語りかけるのも「私」ということになります。

先日、私は、語りかけの後半部分に「あなたのことをわかっているとやすやすとは言えません。」というフレーズを入れました。それは、「あなたのことをわかっている」などと言ったら、パターンがそっぽを向いてしまいそうだったからです。

それはつまり、語りかけの前半部分ができていないことになります。パターンとしては、全然、わかってもらえてる感じがしない・・・みたいな。

もし、そういう風に「あなたのことをわかっている」と言ったらパターンがどこかへ行ってしまいそうだな、と思ったら、それは前半の語りかけ部分を「私」が作っていない、ということになるので、注意が必要です。

私自身、その語りかけは、頭で考えて作っていたので、それは確かに「私」ではなかったな、と反省しました。一度書いたものを、「私」が読み返して、書き直すのもよいそうなので、そうすることで「私」が主体であり続ける練習にもなりそうです。


▼自分と向き合うセッションを行っています。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マーガレット

Author:マーガレット
「マーガレットの日記」にようこそおいでくださりました。
私は、日々の出来事を通して、自分と向き合い、魂の探求をしています。
「自生塾」という学び舎をつくって、そこでカウンセリングも行っています。
このブログはそんな私自身の "観察日記" です。よろしければお読みください。
毎日更新しています。 

自生塾のHP
http://jiseijuku.com/

最新コメント