fc2ブログ

記事一覧

VR



VR技術の開発に携われている方とお話しする機会があり、そのなかで、主体的であることの大切さを感じました。ちょっと話が複雑になるかもしれないのですが書いてみます。


VRに送り込むものとしてアバターがあります。アバターには、リアルな自分の身体に装備をつけて自らが操作するイメージが浮かびますが、実はアバターの動きにリアルな自分が追従するということも可能だそうです。たとえば手足を負傷した際のリハビリとして、アバターを使うことで自分の手足の可動域を徐々に広げる、、なんていうこともできそうです。

VRのゲームなどでは、かなり激しいアクションを自分自身の身体はまったく使わずに、ただそのときの感情や感覚を体験することができそうですよね。ゲーム自体を私はまだやったことはないですが、そういうシーンを見たことはあります。

ここで問題になってくるのが「主体性」です。それをやっているのは誰なのか(少々哲学的でもあります)。下手をすると、アバターに自分自身の心が乗っ取られかねない。心理的な主体性がアバターに移ってリアルな自分がアバターの人生を生きるようになるかもしれないのです。

このことを検証するVRの実験では、ふだん色々な状況を人のせいにしない人(自分で物事を引き取る傾向にある人)は、他(アバター)とリアルな自分が混合していることに敏感に反応する(主体がどこにあるか気づいていられる)らしいです。自他の境目がわかるという感じでしょうか。

ということは、他罰・他責傾向(人のせいにする傾向)にある人がVRの世界にはまると、自分とアバターの差がつかなくなり、リアルな自分がアバターに乗っ取られていてもわからず、無責任に生き続けることになるのかも。

ここで私は、アバターってパターンに置き換えられると思いました。パターンというのはまるで仮想空間で作り出したアバターのようだと思ったのです。

もっとも、アバターの主がパターンを無意識で生きていたら、そのアバターはそのパターンを思うように仮想空間で満たせるでしょうから、パターンをますます大きく強くさせるだけ、ということにもなりそうです(笑)

では、現実の世界はどうでしょうか?

パターンというものを知らず、無意識にパターンに乗っ取られた状態で生きているとしたら?それはさながらVRのようです。いずれにせよ、それをやっているのは誰なのか。VRの広まりとともに、人々は、行為主体を認識して生きたくなってくるようにも思います。







スポンサーサイト



プロフィール

マーガレット

Author:マーガレット
「マーガレットの日記」にようこそおいでくださりました。
私は、日々の出来事を通して、自分と向き合い、魂の探求をしています。
「自生塾」という学び舎をつくって、そこでカウンセリングも行っています。
このブログはそんな私自身の "観察日記" です。よろしければお読みください。
毎日更新しています。 

自生塾のHP
http://jiseijuku.com/

最新コメント